大会注意事項

特に注意すべきは、スイム事故熱中症です。

大会運営側も選手の安全を見守る体制を整えていますが、無事にレースを終わるためには、選手の皆様の安全に対する意識や準備が欠かせません。
トライアスロンを楽しむためにも、自分の身は自分で守る安全対策を講じてください。

木更津トライアスロンでは、トライアスロンドクターがスイムを含めてコース上を安全監視走行します。レース中体調に不安を感じた方は、無理せずドクターにご相談ください。

レース当日朝にやろう!体調チェックシート

スイムでの安全対策

スイムは、スタート前もしくは一周回目終了後(オリンピックディスタンス、リレーの場合)の申告すれば、スキップできます。

ご自身の状態を確認しながら、無理をせずに継続を判断してください。

スタート前に必ずウォーミングアップ・試泳を

スタート後心拍数が急激に上がるのは危険。試泳を含めたウォーミングアップをし、競技を想定した刺激を筋肉と心臓に与えてから、いったん落ち着いてスタートするのがベストです。

  • ウェットスーツは、古いものやサイズの合わないものを着ない。

  • 前日夜遅くまで飲酒しない。

  • 十分な睡眠をとって
    レースに臨む。

  • 熱があったり、体調が悪いと思ったら、出場をとりやめる。

  • ウォーミングアップや試泳を行い、スタート時に急に運動強度を上げない。

  • 食事や水分を摂りすぎた後にすぐスタートしない。

  • スイムに自信がない人は、スタート時に一呼吸おいて自分の泳ぐスペースを確保する。

  • 予想外のことが起きたら、パニックにならず落ち着いて背浮きをする。

  • 自分の身は自分で守る意識を強く持つ。

熱中症・暑さ対策

  • 前日から水分をたっぷりとっておく。

  • 水の一気飲みはNG。少しずつこまめに水分をとる。

  • レース中以外でもキャップ・バイザーをかぶる。

  • 水だけでなく塩分の補給も必要。スポーツドリンクや梅干しなどを活用する。

  • エイドステーションでは頭や身体に水をかけ、体温の上昇を抑える。

  • あまりにも暑い時は無理せずペースを落とす。エイドステーションで休んでもOK

もし、こんな症状を感じたら、いったん競技を中断して休息しましょう。 場合によっては、勇気をもってリタイアを。

熱中症の症状例

  • めまい、大量の発汗、
    こむらがえり

  • 頭痛、はきけ、嘔吐、悪寒

  • 意識がもうろうとする

  • 視線が定まらない

  • まっすぐ走れない

  • 呼びかけに応えられない
    会話が成り立たない

駐屯地滑走路という特性上、以下にご注意ください。

競技中のコース内撮影は禁止です

バイクへのカメラ設置など、撮影機器のコース内持ち込みが発覚し、現場画像確認された場合は消去していただくとともに、失格となりますのでご注意ください。

家族、応援者が撮影許可エリアで撮影するのはOKです。
レース中の写真撮影サービスがございます。詳しくはこちら

代理受付
できません

かならずご本人が受付にお越しください。
受付で身分証の提示が必要です。

リレーは代表者のみの受付でOKです。ただし、ルールの確認テストはメンバー全員が合格している必要があります。

刃物・危険物・ドローンの持込は禁止です。

駐屯地入口で荷物検査があります。
時間によっては混雑するおそれがありますので、会場にはお早めにお越しください。

滑走路には物やごみを落とさないよう、ご注意ください。
(航空機の離着陸時にエンジンが巻き込むおそれがあり大変危険です)

ボトル・補給食ゴミ・紙コップを投げ捨てたり、エイドステーションの紙コップを持って走らない

バイクシューズ固定に輪ゴム等を使用しない

コース上で補給食を袋のまま携帯しない

コース上にはバイクボトル、フラスクボトルのみ、補給物として持ち込みできます。
ジェルはフラスクボトルに入れるか、水に溶かしてボトルへ入れてください。
ゴミが出るものはトランジションエリアで補給しましょう

レースナンバーの着用に、安全ピンは使えません

コース内に安全ピンが落ちていると滑走路の安全に関わりますので、安全ピンの使用は禁止します。バイク・ラン時のレースナンバーの着用には、レースベルトやゴム(手芸用など)を使用してください。

  • レースナンバーに
    ベルトやゴムを通し腰に結ぶ

  • バイク時はナンバーを
    背面へ

  • ラン時はナンバーを
    前面へ

レースベルトは1本持っておくと便利

レースベルトはLuminaショップで販売しているほか、大会前日の受付会場ブースエリアでも購入できます。

トランジションエリアでの取り違え・忘れ物にご注意ください

トランジションエリアで間違って隣の選手のウェットスーツやゴーグルを持って行ってしまったり、シューズやボトルを忘れたりというケースが毎年発生しています。

レース終了後、トランジションエリアを出る前に必ず持ち物を確認し、特にウェットスーツ・ゴーグルは形状が他の人と似ているため、自分の名前やマークをつけるなどして対策してください。

楽しく応援・観戦するために、以下のことをお守りください。

  • 立ち入り許可エリア以外に入らないでください。

  • 喫煙・飲酒・
    ペットの持込は禁止です。

  • ゴミはお持ち帰りください。

  • 応援中はこまめに水分を補給してください。

  • コース上では傘・日傘は
    使えません。(ゴールエリアは可)

  • ゴールエリアではテント・パラソルが設置できます。
    (撤収時に土を養生し、使用したペグなどの抜き忘れに注意してください。)

小さなお子様をお連れの方へ

日程上、天候によっては相当な猛暑が予想されますが、会場となる滑走路には日差しを避けられる場所がありません。また、応援する場所の多くはアスファルト敷きなので、小さなお子様には照り返しによる暑さの負担が増すおそれがあります
帽子や大きな布で日差しを防いだり、水をこまめに飲ませるなど、お子様の体調には十分ご注意くださいますようお願いいたします